最新情報

肉うどん大盛り

2016年03月04日 BLOG

昨年から福岡市の主催する「チャレンジマインド育成事業」に参加させて貰っています。

事業のゴールは「中学生のチャレンジ精神を育む」になります。

合計4つの中学校で話をしました。
200名、30名、25名、40名と規模も学年も様々です。

中学生の「心」を少しでも動かしたいなと思って、自分の中学時代を思い返すべく、卒業文集をさがしたり、写真を両親に送って貰いました。

まず自分の成績表みて驚きました、あまりにも普通でした。
英語、数学、国語、概ね3である。個性がない、音楽は2でした。

次に文集ですけど、これまた恥ずかしいレベルで、「肉うどん大盛り」が好きと書いてありました。
もう、「イチロー選手」や「本田圭佑選手」に比べるとまさに月とスッポンで・・・・恥ずかしくなりました。

そんな自分が未来キラキラの中学生に何を伝えれるか?悩みました。
「初めて名刺貰う人」「初めてみる社長」となると色々と記憶にも残るだろうなと。

考えた挙句私は当時の成績表を開示しました。文集も開示しました。
自分自身の軌跡をそのまま伝えました。

そして同時に今、35歳、社長として後悔している事も伝えました。

それは勉強しなかった事です。
日本の歴史、地球のまわり方、古文、数学、選挙、中学生の時に脳みそフワフワのスポンジの時に知りたかったです。機会は目の前にあったのに自分でそれを放棄した事を何よりも後悔していると。

最後に中学生から言われたことがあります。

「普通の人でも社長になれるんだと思いました~」
「社長って特別ではないと思いました~」

私の原点「何も無い人生訓

私自身大きな学び、気付きの時間となりました。