デッドスペースサービス

サービス説明

何もない「デッドスペース」を財源に

自治体が発行している様々な刊行物やWEBページ、庁舎内の空きスペースに広告枠を設け、掲載料の一部を自治体の歳入に充てることで自治体の財源確保に貢献します。広告主さまにおいては、自治体という特定の商圏エリア毎にご出稿頂けるため、無駄のない効率的なPRが可能な媒体だとしてご好評頂いております。最終的には自治体広告で確保した財源を地域サービスに還元して頂くことで、「自治体」、「企業」、「地域」それぞれに対してメリットを生み出すことが可能なサービスとなっております。

デッドスペースサービスの生み出すメリット

デッドスペースサービスの生み出すメリット

サービス規模

創業以来、35億円もの財源確保。

自治体の財源確保は、北は北海道から南は沖縄まで

2005年より自治体広告に特化した総合サービス会社として、全国1,500事例以上の契約実績を積み上げてきました。これからも自治体広告のリーディングカンパニーとして、北は北海道から南は沖縄まで、全国の自治体の財源確保に努めて参ります。
また、自治体として既に直接広告枠を販売している場合でもご相談を頂くことが多く、弊社からのご提案により安定的な財源確保にご協力させて頂いております。

実績紹介