最新情報

”自治体をもっとおもしろく” ホープ、オウンドメディア「自治体クリップ」をリリース

2017年10月31日 PRESS

この度、当社は自治体に特化したオウンドメディア「自治体クリップ」をリリースいたしましたので、お知らせいたします。

 

 

 当社は、自治体の持つ遊休スペースを有料広告枠として買い取り、民間企業へ販売するDS(デッドスペース)サービスや、
子育て・介護などの自治体が発行する専門性の高い冊子を無償で制作・納品まで行うMC(メディアクリエーション)サービス
を主軸とし、さまざまな自治体に特化したサービスを展開しております。

 

  この度、自治体に特化したオウンドメディア「自治体クリップ」をリリースいたしました。
「自治体をおもしろくするメディア」をコンセプトに観光施策やPR動画など自治体に関するまとめ記事や
職員へのインタビュー記事を配信し、自治体で働く人や、地域で活動する方々へ
「気づき」や「発見」を促すための情報を発信してまいります。

 

 また、自治体に関連する観光やビジネス、くらし、子どもなどの情報も記事にてご紹介するため、

自治体との協働を検討されている企業や住民の方々の参考にもなるようなメディアとなっております。

 

創業以来、自治体に特化してサービスを展開してきた当社だからこそご紹介できる情報を発信してまいります。

 

■「自治体クリップ」リリースの想い
近年、地方創生の名の下に自治体の動きが活性化しており、ユニークな取り組みが数多く行われています。
一方で、地域住民や企業と自治体との接点は事務手続きなど公的なものが多く、各地域ならではのおもしろい取り組みや、

熱意を持って取り組む職員の様子が十分伝わっていないことが多いのも現状です。

 

そこで、

 

・もっと多くの人々に自治体のおもしろい一面を知ってほしい

工夫された取り組みを他の自治体にも広めたい

 

といった想いから、自治体に特化したオウンドメディア「自治体クリップ」をリリースすることとなりました。
”自治体” ”住民” ”企業” が関わり、地域がより活性化する手助けになればと考えております。

 

■「自治体クリップ」概要
・名称:自治体クリップ
・内容:くらしや子ども、観光、ビジネスなど自治体関連の情報を編集部独自の視点でお届け

 

 

株式会社ホープについて
代表者 : 代表取締役社長 時津 孝康
所在地 : 福岡県福岡市中央区薬院1-14-5 MG薬院ビル7F
資本金 : 246,945千円(2017年9月末日時点)

事業内容 : Public Private Sharing(PPS)事業
-自治体が所有している遊休スペースを財源に変える「財源確保支援サービス」の運営
-自治体の広告事業を活性化させる、企業と広告のマッチングサイト「LAMP」の運営
-自治体の広報紙や新着情報を閲覧できるアプリ「マチイロ」の運営
-自治体から民間企業まで幅広く問題解決をする「BPO支援サービス」の運営

 

【オウンドメディアに関するお問い合わせ】
株式会社ホープ マーケティング部 担当:田中(たなか)
Tel:092-716-1480 (直通)
Email:info@zaigenkakuho.com

 

【取材等に関するお問い合わせ】
株式会社ホープ 人事部 広報課 担当:谷川(たにがわ)
Tel:092-716-1404(代表)
Email:koho@zaigenkakuho.com