【よんななワーク】第5回「セールスプロモーション課 田頭宏斗×福島県」

人事ブログ

「自治体のベストパートナー」を目指すホープを支えているのは、平均年齢28.6歳(2018年11月末時点)の若き社員たち。ホープの個性豊かな社員と全国各地で展開している事業内容をより知っていただくための「【47都道府県別】ホープの仕事×ホープの社員 よんななワーク」、今回ご紹介するのは民間企業へ自治体広告の提案営業を行うセールスプロモーション課・田頭宏斗さんです。

 

スーパーポジティブシンキングマン

新卒入社の田頭さんから伝わるのは、その明るさ。何事もポジティブに考えるのが得意という田頭さん、何百件と電話する中で何度断られても、「この案件がお客様に合わなかっただけで、他に興味を持って頂ける方は絶対いる」との思いで営業活動を行っているそうです。「断られる理由にこそ自分の至らない点が見えるので、失敗を恐れず挑戦し続ける毎日です」と全てを前向きに捉える田頭さんの仕事の様子をお届けいたします!

 

全てはお客様との会話から

田頭さんにとって、忘れられない仕事の一つが福島県のお客様(総合福祉企業)とのお取引です。初めてお客様と電話でお話をした際、話の流れで先方が福岡市中央区薬院出身(当社本社所在地)だと判明、、”これは縁だ”とポジティブ思考が働き、得意な話をすれば興味を持っていただけると思ったそうです。そこで切り出した話題は(まさかの)カレー…しかし、縁は存在しました。「友達がカレー屋をやっているからぜひ行ってみて」とお店の場所を教えていただくなど会話が弾み、結果的に成約に繋がったのです!全てはお客様との会話から始まることを心に刻んだ瞬間でした。

 

社内をより一層元気にする存在として

毎日ToDoリストを作成、優先順位をつけて行動し、ひとつずつ確実に仕事をこなすよう努めているという田頭さんの座右の銘は「継続は力なり」。その姿勢からも伝わる誠実さ、そして明るさは新人らしいパワーに溢れています。先日、次のような会話を偶然耳にしました。

「最近田頭と飲んだけど、いい奴だな」

「いい奴ですよね。ちなみにどの部分が良かったですか?田頭に伝えてあげたいです。褒めて伸びるタイプなので(笑)」 

本人不在の場でこの内容…田頭さんから元気をもらっている社員はたくさんいるのだなと感じた出来事でした!

さて、早いもので本記事が今年最後となるよんななワーク。年末年始、地元に帰省される方も多いかと思いますが、せっかくなので田頭さんの地元、福岡県大牟田市のおススメを聞いてみました。「高専ダゴ」というお好み焼き屋で、味はもちろん縦30㎝×横50㎝の大きさと従業員の方がひっくり返す姿は圧巻とのこと。興味津々で覗いたホームページにて清々しい言葉を発見したので、こちらを今年の締めにしたいと思います。スーパーポジティブシンキングマンとの出逢いが、この言葉を引き寄せてくれたのですね。

 

「人との出逢いが人生を根底から変えることがある よき人との出逢いを」

来年もよんななワークと株式会社ホープを、引き続きよろしくお願いいたします。