社員インタビュー

小西真樹KONISHI MAKI

2016年新卒入社 社長室 エネルギーソリューション課
主任

2016年に新卒でホープ入社。セールスプロモーション部に配属後、6月にメディアクリエーション部(現・自治体コンサルティング部)に異動。
1年間、自治体向けの営業に従事した後、2017年6月に社長室事業開発課に異動。新規事業立案に携わる。
2018年7月、エネルギーソリューション課発足に伴い、エネルギー事業(電気小売事業)の営業担当として配属。

Q. 就職活動では何を軸にしていましたか?

会社を一人の人間として見て、共感できるか?

私の就職活動での軸は、「会社の人格を見ること」でした。
会社を1人の人間であると捉えた際に、その生き方や考え方に共感できる会社を探していました。
ホープに入社を決めた理由は、私が人生において大事にしてきたことと、ホープが大事にしてきたことが一致したからです。
会社を社員数等の規模で判断したことはありません。ベンチャーを選ぼうという意識があったわけでもありません。
上記の軸で選んだ会社が、ホープというベンチャー企業だったというだけです。

Q. 入社して感じたことは?

努力が結果に結びつくとは限らない

仕事において苦しいのは、努力が結果に結びつくとは限らないことです。
学生時代は勉強すればする程、テストの点数は伸びていきます。
しかし仕事において努力量=結果という方程式は崩壊します。その中で自分を律して努力し続けることは、苦しさであり、仕事における醍醐味とも言えます。その苦しさが結果に変わった瞬間、初めて「楽しい」と思えるのだと思います。沢山の努力が生む小さな成功体験の蓄積が、大きな成功体験と楽しさを自分に与えてくれるのだと思っています。

Q. 今後のビジョンを教えてください

根拠のある自信を持った人間に

ビジネスパーソンとして、根拠のある自信を持った人間になりたいです。
先述した「大きな成功体験」を、私はまだ経験できていないと思っています。
今の目の前の仕事、今の自分の能力と向き合って、もっと努力をすべきであると感じています。そして、大きな成功体験を得て根拠のある自信を手に入れたいです。
その後見える景色は、今とは全く違ったものになるだろうと確信しています。見える景色が変わったと感じた時、次のビジョンが見えてくると思います。

採用TOPに戻る